リヴトラストは不動産に関するお客様のさまざまなニーズにお応えしている会社です。不動産投資・マンション経営、住宅ローンの借り替えなど。

マンション経営とは?

  • HOME »
  • マンション経営とは?

リヴトラストがマンション経営をご紹介する理由

昨今、ますます注目を浴びる資産運用スタイルが「マンション経営」です。
ご自身が住むためにマンションを購入するのではなく、賃貸するためにマンションを購入し、確実な家賃収入により生涯にわたり収入を得ることのできるスタイルです。

将来、お仕事を引退された後、年金だけの生活に不安がある場合でも、マンション経営を続けていることで毎月安定した収入がありますので、ローン完済後は家賃収入がそのまま私的年金の役割を果たします。
また、万が一の時にもマンション経営を続けていると生命保険代わりにもなり安心です。
経済の状況によっては売却益を得られることもあり、価値の目減りしにくい資産活用として人気です。

将来の安心と家族に遺せる思いやり

公的年金だけでゆとりある豊かな老後生活を送ることが難しい昨今において、マンション経営を続けていれば毎月の安定した家賃収入により年金を補うことができます。

生命保険などの商品は受給時期が決まっており、その額も定額です。
一方、マンション経営は毎月のローン支払いも安定した賃料収入が補ってくれている為、わずかな自己資金で始められ完済後は所有している限り毎月、家賃収入がそのまま個人年金の役割を果たしてくれます。
大手生命保険の個人年金とマンション経営の比較

マンション経営にあたっては住宅ローンを組む際、団体信用生命保険に加入する事になります。
返済中にオーナーに万が一の事があった場合、残債は全て保険で支払われたうえ、ご遺族にはそのまま安定した家賃収入が保障される事になります。
もちろん売却し現金を手にしていただく事もできる思いやりを兼ね備えた生命保険の代替商品と言う事ができるのです。
マンション経営と生命保険との比較

インフレで期待できること

インフレ傾向にある現在であれば、投資物件の資産価値や賃料相場の上昇も期待できます。
インフレ時に目減りが懸念される預貯金の一部をマンション経営にまわし運用することでインフレヘッジになりますし、またタイミングを見計らい物件を売却すればキャピタルゲインを得ることも可能です。

インフレヘッジとは?

不動産や株式などの資産を買うことでインフレによる紙幣価値下落・金融資産の価値減価を防ぐことです。

相続税においても有利に

相続の場合には、現金や預金がその金額の全額(100%)が相続税の評価となるのに対し、不動産はその時の時価に対して50~65%程度が相続税の基礎となる評価額になりますので、マンション経営は相続税に関しても有利になります。

不動産で節税対策

また、確定申告の際に固定資産税などが必要経費として計上できるため、節税対策となります。
必要経費が家賃収入を上回る事で、帳簿上の赤字として給与所得など、他の取得と合算され(損益)、税金の還付を受けることができます。

マンション経営の空室リスクを減らす

空室リスクとは?

空室リスクとは、入居者がいない=家賃収入を得ることができないということです。
リヴグループでは、こうした空室リスクに対してもサポートを行っています。

PAGETOP
Copyright © 株式会社リヴトラスト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.